0000397124

JCCIIはインド首都圏を中心とした地域及び一部
各地域を含む日系企業の団体で、2006年に法人化
され、近年会員数が急成長を遂げている団体です。


インドに進出されている日系企業で、会の目的に
ご賛同頂ければ会員としてご参加頂く事が出来ます。
多くの企業の方のご参加をお待ち申し上げます

 

今年度の商工会会長就任に当たり所信を申し上げたく、注力してまいります3点につき皆様と共有させて頂きます。

② 官民一体となった活動を目指す
法律やルールはあるものの、その運用が不明瞭でグレーゾーンが多いのがインドであり、民間だけの力では乗り越えられない困難が沢山あります。これは会員企業の皆様に共通した悩みの一つかと存じます。幸い、在インド日本国大使館様は垣根が低く、 気軽に我々民間企業の相談にのって頂ける大変有難い存在です。大使館様との連携を緊密にし、会員企業様との架け橋となって、何事も官民で力を合わせて取り組んで参ります。


②日本企業のビジネス環境の改善
先の州選挙ではBJPがUP州で大勝、モディ政権は2024年まで続く可能性が高まりました。大胆な経済改革を進めるモディ首相という稀代の政治家を戴くインドは、今後も大きな経済発展を遂げるものと思われます。リスクがあるから出て行かないよりも、 出て行かないリスクの方が高いのがインドかと思います。会員企業様が安心してインドで経済活動を行い、更に投資を増やし、また多くの新たな日本企業がインドに進出出来るよう、ビジネス環境改善に向けて取り組んで参ります。
特に2009年から継続している建議書活動は一定の成果を挙げていると考えますので、引き続き大使館様のご支援も仰ぎながら、少しでも多く我々の提言が取り上げられるよう、インド政府に粘り強く働き掛けて参ります。

③日印関係の更なる強化、深化に向けた取組への支援
モノ、カネ、サービスの動きを加速させるには、人の交流が不可欠です。私始め役員は、会員企業の皆様のお役に立てるよう、あらゆるレベルでのインド側との人的交流を増やし、相互理解を深める努力をして参ります。 今年は日印友好交流年で、大使館様が中心となって各種のイベントが企画されております。所期の目的を果たせるよう、商工会としても積極的に協力させて頂きたいと考えております。

最後になりますが、皆様のご理解とご協力なくてはJCCIIの活動は成り立ちません。会員企業の皆様からの積極的なご意見やご提案は常に大歓迎ですので、お気軽に事務局の方へご連絡下さい。



2017年度    
インド日本商工会会長
 成清正浩

■更新情報

2016/07/27 JCCII建議書(対インド政府建議書)について を更新しました。

2015/07/01 JCCII建議書(対インド政府建議書)について を更新しました。

2014/04/16 建議書の成果 を更新しました。

2012/10/11 建議書の成果 を更新しました。

2012/03/26 この4年間の建議書の成果 を追加しました。

2011/09/02 WEBサイトオープンしました。

今月のカレンダー

現在の時刻 インド

ニューデリー

現在の時刻 日本

東京

>>